外来レセプトの詳細な内容や解説

外来レセプト、いわゆる入院以外の医療費の明細書で、医療事務職員のお仕事でも知られている専門用語です。
請求年月で、何月分の診療行為に対する明細書なのかが分かります。
社保または国保、単独、被保険者本人の外来と分かるよう、保険の種別も記載されています。
受信者が加入している保険者ごとの固有の番号、保険者からもらっている保険証番号、保険請求する保険医療機関の名称や住所などが記載されています。
病名や診療が開始された年月日をはじめ、傷病名で記された病名がどうなったのか、治癒したのか、中止になったのか、治療が継続中なのかを知ることもできます。
業界では、金額ではなく、点数欄が記されています。
基本診療料や特掲診療料ごとに回数や点数が記載されており、再診療が一回、外来管理加算が一回、処方箋料が一回算定されています。
こうした診療報酬点数の明細も記載されています。
最後には診療報酬の合計額が点数で記載されており、医療費の請求ができる明細書となります。